デザインのなんで? 香里園のH邸 vol.2

 第2回目は軒下の意味深な格子にご注目ください。建築設計を仕事にしている建築家仲間や学生時代の友人からは、換気用の給気口?とよく聞かれます。確かに一見すると設備に関係しそうな雰囲気ですが、違います。もっと生活感のあふれる用途に使います。

 正解はルーバーの中に物干し竿を隠しているのです。洗濯物が干されている光景はとても生活感にあふれていて、それはそれでいいのですが、お客さんが来た時には生活感を隠したい、オシャレな家に見せたいと思うのが人情です。洗濯物は見えないところに干すこともできますが、物干し竿を隠すのはなかなか大変。そこでちょっとした工夫を施してみました。物干し竿を格子の中に隠しただけですが、竿竹が見えないだけで雰囲気はずいぶん違います。

 格子でエアコンを隠している建築家はたくさんいますが、竿竹を隠したのは私が初めてだったりして。次作以降も活かせそうなディテールを見つけました。

-  -  -  -  -  -

過去のなんで?

デザインのなんで? 香里園のH邸編 vol.1/連続アーチの天井

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2021