埋蔵文化財の発掘

IMG 1678

 事務所近くの工事現場で埋蔵文化財(遺跡)の発掘調査が行われています。弥生時代の土器が出土したそうで、大昔にもここに人が住み、暮らしを営んでいたのだなあと想像すると、なんだかロマンがあってワクワクしますね。

 古くから人が住んでいた地域で建築を建てる場合には、その計画地が埋蔵文化財包蔵地かどうかの確認を行います。運よく(運悪く?)該当する場合には、着工の60日前までに市役所等に届け出なければなりません。教育委員会などが計画建物の規模や基礎形状を確認し、試掘や指導を行います。場合によってはプロジェクトの進捗が遅れる事態にもつながります。しかし、埋蔵文化財は一度破壊されてしまうと元に戻すことはできません。遺跡でなくとも地中には予期せぬ障害物が埋まっていることもありますので、建築プロジェクトは余裕を持ったスケジュールを組まれることをお勧めします。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2021