都心のけもの道

 事務所は靭公園から歩いて5分程のところにあります。アイデアが行き詰まった時や気分転換をしたいときには靭公園までブラブラと散歩に出掛けます。写真はそこで見つけた都心のけもの道。公園からビルやカフェ、ショップに直接アクセスできるルーズな境界は靭公園がもつ魅力のひとつだと思います。公園を通過動線にしてしまう、そしてそれに目くじらを立てないことで、生活の一部として公園が経験され、まちに溶け込んでゆく。土地の境界はとかくシビアに取り扱うことが求められますが、ルーズさが生み出す魅力もあるようです。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2022