サンプルで検討

IMG 3938*

 現在進行中の住宅プロジェクトに使用するポリカーボネートの透け具合を、R2-D2君の協力を得つつ検討しています。光は通すけれど視線は遮るという性能を利用したいのですが、カタログだけでは「実際どうなの?」という判断がつきません。サンプルを取り寄せることができる素材については、できるだけ実物を見て、触って判断するようにしています。

 このポリカーボネートという素材はガラスのように透明で、磨りガラスのような加工もでき、しかも割れにくい、そして燃えにくく安全という特徴があります。ただし、表面硬度が低いため傷つきやすいのが、文字通り「玉にキズ」な建材です。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2018