デザインのチーム力

IMG 1353*

 今年5月からメビック扇町の業務委嘱コーディネーターに就任しました。メビック扇町とは、大阪市経済戦略局が設置し、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターが運営するクリエイティブ産業振興施設です。大阪には数多くのクリエイターやクリエイティブ関連企業があり、同時にクリエイターの力を必要とする企業や自治体がたくさん存在します。このような人たちの交流を促進し、大阪の経済を活性化することがメビック扇町の目的なのですが、私もそのようなクリエイターの一人として参加させていただいております。

 店舗やオフィスといった施設の設計だけであれば、弊事務所だけでも自慢のできるデザインを提供することができます。しかしながら、「ブランディング」という観点から考えた場合、実店舗やオフィスだけをつくるだけではデザインとして不十分です。WEBサイトやパッケージ、フライヤーなどトータルでデザインすることがとても大切です。つまりデザインする側の総合力が求められるということなのです。デザイン分野の専門化はとても進んでおり、それぞれのプロフェッショナルがチームを組んでデザインに取り組むことが重要になります。

 私がメビック扇町に参加し、その活動に協力しているのはまさにこのためです。様々なジャンルのプロフェッショナルと交流し、各人の得意分野や特長を知ることで、クライアントが求めるブランディングイメージに最適なチームを編成することが可能となるのです。

 ショップやオフィスの設計を誰に頼めば良いのかお悩み中の方は、デザインの総合力という視点でご検討されることをオススメいたします。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2018