つくり

IMG 2907-

 ただいま建設中の住宅の一室。天井を三角屋根のような形にしています。部屋の形が正方形ではないため、面によって微妙に勾配が異なるという大工泣かせの仕事でしたが、キチッと綺麗に仕上げてくださいました。感謝です。

 家型をデザインに取り込むのは、建築家としては実は少し躊躇われるところでもあります。家型がもつ「これぞ、家!」というアイコンとしての強さと、一時期、建築系雑誌でよく見かけることがあり、その時流に乗っている感じの気恥ずかしさ、とでもいいましょうか。。それでもこの住宅にこの天井を持ち込んだのは、人を包み込む大きな袋のような空間を作りたかったから。天井の真ん中が高く、壁に近づくと天井が下がっていくこのつくりは、壁だけでなく天井からも領域を感じさせる力があると思います。

 この住宅では各部屋の「つくり」をここで紹介した「袋のような空間」だけではないものにしようと試みています。「つくり」のバリエーションが空間体験の奥行きとなって、床面積以上の広がりを生み出すことを期待しています。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2018