夏休みの宿題

 石橋のY邸の竣工から半年以上が経ちました。今年の前半は通常の仕事と並行して関わっておりましたYAC展に追い立てられタイづくしの日々。そんなこんなで、石橋のY邸のポートフォリオ(作品集)をゆっくりまとめることができずにおりました。ちょうど先日、竣工写真が仕上がったこともあり、この夏休みにはポートフォリオをまとめるぞと、自分に宿題を課しております。竣工から少し間をおいて改めてこの建築で実現しようとしたこと、生み出そうとした新しい価値や建築のあり方はどんなものだったのか、あるいはどのようなことが実現されたのかを考えています。設計や工事の最中は建築に没頭してしまうので、見えていないことが多々あります。時間や距離を置いて建築を眺めると客観的に評価することができ、次の仕事に生かすことができるように思います。何気なく過ごしていると日々の業務に忙殺されてしまいそうになりますが、こういった時間は大切にしたいものです。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2019