卒業設計の季節

200213

 SNSを眺めていると建築家や学生たちが投稿した卒業設計の講評や感想が目に留まる季節となりました。大晦日には友人たちと一緒に製図室で「緑の狸」を食べて年を越したり、お互いの設計について意見を交換したり、がむしゃらに取り組んでいたなあと思い出されます。学生にとっては満足のいく出来にならなかったり、思うような評価を得られない、なんてこともあるでしょうがここで自分の力を良くも悪くも早合点せず、建築を生業にしようと考えるならば今取り組んでいる卒業設計は「種」みたいなものですから、いかに芽を出させ育てていくかに目を向けてもらいたいと思います。

 さて、上の写真は私の卒業設計です。茨木市役所の目の前にあるグラウンドに元茨木川緑地とその地形を関連付けながら図書館などの公共施設をつくる計画だったと記憶しています。そして現在その敷地には伊東豊雄+竹中工務店が市民会館をつくることになったとか!果たしてどのような建築ができるのか、楽しみです。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2020