一年点検

019

撮影:髙橋菜生

 石橋のY邸の竣工から季節が一巡りしましたので、お世話になった工務店の社長とともに一年点検に訪れました。とても丁寧に暮らしておられる様子が分かり、設計者として嬉しく思います。点検の方は大きなトラブルはなく、建具の調整と木天板のメンテナンス方法の確認をさせていただきました。2階のLDKの天井が高く、大きな高窓を設けたので冬の寒さを心配していましたが、とても暖かく過ごしやすいとのこと。ほっと胸をなでおろすのも束の間、「冷房をかけるまでもない中間期は暑いけど。」とのお言葉。温熱環境のパッシブコントロールの難しさを痛感しました。まだまだ研究が必要です。今回は私の妻と7ヶ月の娘も招待していただき、穏やかなひと時を過ごしました。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2020