Q & A

****R0014775

 建築設計事務所は、きっと多くの方から謎めいた存在だと思われているのではないでしょうか…。本日はよくいただくお問い合わせの一部をご紹介するQ&Aの第三弾です。>>過去のQ&Aはこちらからどうぞ・・・第一弾 第二弾


Q:デザイン料(設計監理料)はどのくらい必要ですか?

A:多くの設計事務所で採用されている総工費から設計監理料金を算出する方式は、仕上げのグレードによって料金が上下することや工事完了まで総工費が定まらず最終的な料金が不透明になるなどの問題点があります。

弊事務所では、建物の用途と延床面積から定められた弊事務所独自の「設計監理料 単価表」に基づき設計監理料を算出します。具体的な計算方法についてはWorkflowに記載の例をご覧ください。


Q:デザイン料(設計監理料)の他に費用はかかりますか?

A:行政や確認申請機関に支払う申請・検査手数料や外部の業者が行う敷地測量や地盤調査等は、設計監理料に含まれません。クライアントから各機関・業者に対してお支払いいただきます。


Q:完成までどのくらいの時間がかかりますか

A:状況によって異なりますが 概ね1〜2年です。 お急ぎの場合は、調整しますのでご相談ください。


Q:完成後の保証はどうなっていますか

A:弊事務所では建築家ネットワーク・ナビが提供する、住まいと暮らし安心サービス「すまいサポート24」をご用意しております。「すまいサポート24」では、24時間365日対応の住宅トラブル緊急かけつけサービスや火災保険の損害査定相談サービス、家具の移動や高所窓のお掃除サービスなど、施工完了後も住まいのトラブルやお困りごとをしっかりサポートさせていただきます。詳しくは下記リンクの動画をご覧ください。

 すまいサポート24 https://youtu.be/E0l0OGFiGM4

また、新築住宅の工事請負業者は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、引渡し後10年間に亘り、住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」に関する瑕疵を担保する責任を負います。また、工事請負業者へ住宅瑕疵担保責任保険への加入を義務付けておりますので、完成後年月が経ち、倒産などの理由で業者が存在しない場合でも、10年間、保険による保証を受けることが可能です。



その他ご質問がありましたら info@ikd-a.com よりお問い合わせください。

弊所では一つひとつ、きちんと目が届く範囲でプロジェクトを進めています。お問い合わせいただいた順に対応させていただきますので、ご理解とご了承の程よろしくお願いします。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2018