建築家の選び方

IMG 4080

 知り合いにはいないけれど、ネットで検索するとごまんと出てくるのが建築家や建築設計事務所です。選択肢が多すぎると選択することすらやめてしまうのが人の心理というもの。今日のブログでは建築家選びの“ものさし”について考えてみます。


「好き」が合うか
 まずは、建築事例を見てみましょう。建築は料理と同じで様々なジャンルに分けて考えることができます。スタイリッシュな建築やギャラリーのような空間、あえて無骨にまとめた住宅など、それぞれの建築家や建築設計事務所の得意とするデザインや譲れないこだわりがあるのです。事例をたくさん見てときめく事例をまとめてみてください。そうして見つけた建築家に相談のアポを取ります。

お見合いのつもりで
 たいていの建築設計事務所では無料で相談を受けてくれます。ここが弁護士事務所とは違うところ。あなたの思いや希望、土地の条件など思いつくままにお話ししてください。その場で魔法のような解決案を得ることが目的ではありません。ここでは相性の良し悪しや信頼できるか、話しやすいかどうかを確かめてください。この人なら、と思えたなら契約を考えても良いですし、ラフプランの提案をお願いするのも一つです。ただしラフプランは有料の場合もありますのでご注意ください。

相性が大切です
 ラフプランで建築家の提案力が確認できたら、たくさん質問してみましょう。ここで建築家がムッとしたり、引っかかるポイントを共有できなければ、相性が良いとは言えません。建築家とは一生のお付き合いになりますので、相性の良さはとてもとても大切です。

ご縁がなくとも連絡を…
 相性の問題だけでなく、計画自体が中止や延期になることや他の建築設計事務所やハウスメーカーなどと契約をしたなど、いろいろな理由で相談はしたものの依頼には至らないケースがあると思います。そんなときには、メール一本で構いませんので、相談した建築家にその旨お知らせください。フェードアウトを狙う方がとても多いのですが、次の仕事を受けるか断るか、仕事量の調整が難しい業種ですので、その点ご配慮いただければと思います。


 建築家を探すのはとても大変ですが、その分多くの出会いがあり楽しさもあることと思います。焦らず気長に良縁を探していただければと思います。

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2021