DIARY
大阪府茨木市を拠点に関西全域および全国各地で活動する一級建築士事務所です。
-1
archive,category,category-diary,category-13,qi-blocks-1.2.5,qodef-gutenberg--no-touch,stockholm-core-2.4,qodef-qi--no-touch,qi-addons-for-elementor-1.6.6,select-child-theme-ver-1.1.2,select-theme-ver-9.6,ajax_fade,page_not_loaded,menu-animation-line-through,,qode_menu_,wpb-js-composer js-comp-ver-6.13.0,vc_responsive,elementor-default,elementor-kit-8

屋根コン授賞式へ

先週末、屋根のある建築コンテスト2023の授賞式に行ってきました。会場はHYPERMIX門前仲町。 壇上では初めての機会に少し緊張しましたが、懇親会では審査員の先生方お一人お一人に講評お願いしました。学校を出ると第3者に作品を批評される機会が少なくなるのですが、このような機会に恵まれて励みになりました。表彰状やトロフィーは生まれてこの方ほとんど縁がなかったのですが、立派な縦を頂きましたので、早速事務所の玄関に飾ってみました。 クライアントをはじめ、プロジェクトに携わってくださった関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!また、このような機会をつくってくださったタニタの皆様にも感謝です。

おにクル

11月26日、事務所から徒歩3分ほどに茨木市文化・子育て複合施設「おにクル」がオープンしました。伊東豊雄+竹中工務店による設計・施工の施設です。茨木市にしては珍しく建築家が携わった公共施設で、工事中の現場の前を通っては完成を楽しみにしていました。 開館初日、オープニングイベントが開かれていましたので、家族を連れてグルッと一回りしてきました。内部は子育て支援施設、ホール、図書館、プラネタリウム、市民活動センター、などなど機能が盛りだくさん。それらが円形の吹き抜けで繋がっており、前面の芝生広場と合わせて立体的な公園として設計されています。これまで茨木にはふらっと立ち寄れる居場所となる公共の空間があまりなく、おにクルの完成によって足りなかったピースがはまったような気がしています。