厚木の家 | House in Atsugi | 2014

広い畑に呼応するように大きな窓を設けました。


大きな窓からは一面の畑を望むことができます。


障子を閉めれば静謐な和の雰囲気に。


天井は屋根の形を素直に表しました。建築が包み込んんでくれるような安らぎを感じることができます。


今時珍しいヒノキの大黒柱。象徴的な存在は心の拠り所となってくれます。


ロフトからの見下ろし。


「日本昔ばなし」に出てきそうなシンプルな家の形をしています。


-  -  -  -  -  

田園風景に溶け込むプリミティブな平屋

 田畑と宅地が入り交じる郊外に建つ住宅。クライアントは三人のご子息が自立され、再び二人で暮らすこととなったご夫婦。要望は「広々としたリビングと和室二部屋」と至ってシンプルなもので、お二人の素朴な人柄にふさわしい“現代の民家”を目指しました。外形は単純な家型とし、内部はリビング、ダイニング、キッチンを正方形のワンルームに納め、その中央に磨き丸太の大黒柱を据えています。これは日本の古民家の特徴である「田の字型プラン」の大黒柱を間仕切から解放した形で、空間にダイナミックさと流動性をもたらします。また畑に面した大開口と木製サッシは、現代の民家だからこそ可能となった開放性と快適性を生み出し、季節の移り変わりとともにある暮らしを実現させます。


協働:橘川雅史
施工:小宮山工務店

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2021