百合が原の計画 | Reference plan in Yurigahara | 2021

yuri NW

北西からの外観。前面にある広い道路との距離によって窓の位置と大きさを調整しています。


yuri 1F

玄関から続く土間ホール。庭・階段・寝室を繋ぐ、趣味や子育てにもってこいのフリースペース。


yuri 2F

2Fキッチンからリビングを見る。
角地を活かしたL字窓と階段上部の高窓から雰囲気の異なる自然光が降り注ぐ明るい空間です。


yuri 3F

3Fからの見下ろし。
明るい吹抜け階段の下にはテレワークが捗るスタディコーナーがあります。

yuri plan


-  -  -  -  -  

趣味も子育ても広がる、土間の家

 北海道札幌市での住宅計画案。住人が未定のため幅広い年齢、家族構成に合う間取りを意識して設計をしました。1階には土間ホールと土間に隣接する個室を設け、2階にLDK、3階に個室と水回りの構成です。個室が3室必要な場合には1階と3階の部屋を使用しますが、2室以下で良い場合には1階の個室は客間にしたり、隣接する土間空間を活かした小事務所や小店舗として転用することも可能です。また、冬季には雪に閉ざされる立地ですが、土間空間があることで内部の“庭”として扱うこともできます。

 また子育て世代の玄関周りにはベビーカーや子供のおもちゃなど、大小様々なもので溢れかえります。玄関には収納を隣接させ、広い土間空間では階段下にベビーカーを収納することもでき、子育て世代にも優しいつくりになっています。

 土地・建物の購入者が決まれば、このデザインをもとにご希望に合わせてつくり変えていきます。

事業主体:Build180°

© Ikeda Hisashi Architects  2015-2021